秋田で相続のご相談は司法書士法人岡田事務所|相続・遺言|不動産登記|成年後見

相続トラブル事例集

相続の相談は秋田の岡田事務所 HOME > 相続トラブル事例集 > 一生懸命面倒見てきたのに・・・

一生懸命面倒見てきたのに・・・
〜義父母に尽くしても、嫁はやっぱり他人

 夫に先立たれたAさんは、子供がおらず、同居していた夫の母親と2人で仲良く暮らしていました。義母が認知症となってからも献身的に介護し、義母もそれをとても感謝していて、事あるごとに「この家と土地はAにあげるから」と言ってくれていたほどです。
 ところが義母が亡くなり、土地の名義を書き換えようとしたところ、自分には全く権利がないことがわかりました。それどころか、長い間連絡もよこさなかった亡夫の弟が出てきて「この家は俺のものだから出て行ってくれ」などと言い始めて困っています。

 義母さんの元気なうちに、遺言を書いてもらいましょう。
 「誰が相続人になるのか」は法律で決まっています。これは故人との関係の良し悪しや生前の貢献度などとは全く関係がなく、画一的に血縁の近さだけで決められるので、今回のように納得のいかないケースが出てきてしまいます。これを防ぐには、やはり「遺言」がもっとも手軽で効果のある手段でしょう。弟の「遺留分」には注意が必要ですが、義母に預貯金など他の財産がある場合は、そちらを弟に与えることで家や土地を守ることが可能です。
ページのトップへ戻る

相続の相談なら司法書士法人岡田事務所

司法書士法人 岡田事務所

〒010-0951
秋田県秋田市山王六丁目9-19

TEL.018-864-1090
FAX.018-864-0120
[月〜金曜日] 08:30〜17:30
[休業日] 土・日曜日、祝日
[駐車場] 有り
※第一金曜日の営業時間は、08:30〜15:00となります。
※土日祝日でも、事前にご予約いただければ対応いたします。
事務所案内はこちら